<IR用語集・基礎知識> 大阪府・市

JaIR編集部

2013年12月にIR推進法案が上程されたことを受け、大阪府・市が連携して立地準備に取り組むための「大阪府市IR立地準備会議」を設置。その後、もともとオリンピック誘致目的で埋め立てた夢洲(ゆめしま)を候補地とした基本コンセプト案の作成を経て、IRを核とした国際観光拠点の形成を実現するための指針である「夢洲まちづくり構想(案)」を取りまとめた。2017年4月には大阪府・大阪市共同の内部組織としてIR推進局を設置し、大阪府・市、地元経済団体が連携してIR誘致活動を展開している。

大阪維新の会がIRを強力に推進しており、2019年4月のたすき掛け選挙に勝利し、ますます前進している。早くから自治体の意思が明確だったこともあり、他の自治体に比べて、反対意見も少ないと言われる。

候補地は大阪湾の人工島「夢洲」の90ha。夢洲の半分で2025年に万博が開催されることが決定しており、IRはその前年の2024年開業を目指していたが、その後は万博後も含めて条件が緩和されてきている。現状、車両アクセスが1本の橋と海底トンネルに限られるため、交通インフラ整備については、すでに決まっている地下鉄の延伸に加え、JRや私鉄、船舶も含めて検討をする必要がある。この莫大な整備費用の一部(200億円超)の負担をIR業者に要請している。

2019年5月時点のコンセプト申請(RFC)に応募したIRオペレーターは7社。9月の横浜IR誘致発表を受け、ラスベガス・サンズやメルコリゾーツ&エンターテインメントが横浜に鞍替えしたこともあり、RFCを提出したオペレーターはMGMとオリックスの連合、ゲンティン・シンガポール、ギャラクシーの3事業者になった。2020年2月14日に事業者公募の書類審査が締め切られ、応募がMGMとオリックスのコンソーシアムのみだったことが発表された。

(2020年2月14日更新)