<IR用語集・基礎知識> 和歌山県

JaIR編集部

国土交通省が2019年8月上旬から9月上旬に実施したIR意向調査に「申請予定または検討」と回答。近接する大阪府・市と同様に、早期からIRの誘致活動を進めてきた。候補地は、和歌山市内の人工島である和歌山マリーナシティのうち23.61haのエリア。関西国際空港や観光資源が集積した京阪神に近く、高野山や熊野古道、白浜など、山や海に囲まれた豊かな自然を生かした「滞在リゾート型IR」を目指す。和歌山県としては、「都市型IR」となる大阪府・市とはコンセプトが異なり、IR間の移動も容易のため、観光客が2つのIRを回遊することで相乗的に経済効果を発揮するとしている。

IR推進派である仁坂吉伸知事のみならず、県議会もIRを支持するなど政治的に安定しており、県民向けセミナーや勉強会、情報公開も積極的。2018年7月に「和歌山県IR誘致推進プロジェクトチーム」が設置され、ギャンブル依存症対策など全庁横断一体での取組みが行われている。

2018年の投資意向調査では国内外で33社から応募があり、大阪や横浜などの大都市と異なる事業者が関心を示していた。しかし、2020年2月に和歌山県IRの実施方針案が公表され、事業者公募の受付がスタートすると、最終的にはサンシティグループホールディングスジャパン株式会社(香港のサンシティ系)、クレアベストニームベンチャーズ株式会社(カナダのクレアベスト系)の2社が参加資格を取得した。

新型コロナウィルス感染拡大に伴い、今後のスケジュールは後ろ倒しに。国のスケジュール次第ではあるが、現状は2020年10月19日に事業者からの提案書(RFP)締切、2021年1月頃に事業者確定、2025年春頃開業予定となっており、そのスピード感も強みの一つとなっている。

■関連記事
和歌山県が目指すリゾート型IRと最新の誘致動向
https://jair.report/article/367/

VIPのニーズに応え続けるサンシティグループが和歌山にこだわる理由
https://jair.report/article/363/

本命ではなかった和歌山県にクレアベストが賭けた理由
https://jair.report/article/328/

(2020年9月25日更新)