ラスベガスでのエンターテインメント「シルク・ドゥ・ソレイユ」に未来はあるのか?

二上葉子

 新型コロナウィルスの影響により、ネバダ州では3月18日に自宅待機命令が発令され、ラスベガスのカジノがすべて閉鎖してから、はや一か月以上が経った。近年ラスベガスは、カジノの街というイメージからエンターテインメントの街として脱却を図り、世界中から観光客を集めてきた。ラスベガスの最大手カジノオペレーターMGMとの提携により、現地のエンターテインメント産業を牽引してきた、シルク・ドゥ・ソレイユの今を追う。
ラスベガスで絶大な人気を誇る常設ショー「KÀ」

シルク・ドゥ・ソレイユ、スタッフの95%をレイオフに

 ラスベガスのカジノ閉鎖直後の3月19日、シルク・ドゥ・ソレイユがスタッフの95%をレイオフ(一時解雇)するという衝撃的なニュースが世界を駆け巡った。フォーブスの記事によると「シルク・ドゥ・ソレイユは、今後の公演をすべてキャンセルし、1週間後の3月19日、4,679人のスタッフの95%をレイオフすると発表。プロデューサーは、今後のツアーの企画やチケット販売のために259人のスタッフを残す」という。

Cirque Du Soleil Lays Off 95% Of Staff Over Coronavirus Pandemic Shutdown
By Forbes March 20, 2020
https://www.forbes.com/sites/iainmartin/2020/03/20/cirque-du-soleil-lays-off-95-of-staff-over-coronavirus-pandemic-shutdown/#6e54a9753047

 アメリカにおけるレイオフは、日本に比べ一般的なもので、失業給付も手厚いため、日本でこの報道を受け止める感覚ほどには最悪の状況ではないのかもしれない。しかし、このレイオフは、今後カジノが首尾よく再開したとしても、ショーのスタッフを呼び戻し、エンターテインメントが復活するまでに時間がかかることを意味している。

 カナダ・ケベック州モントリオールに本社を置くシルク・ドゥ・ソレイユは、新型コロナウイルス流行以前、全世界で10のレジデントショー、13のツアーショー、そしてブルーマングループを含む提携ブランドで21のショーを展開していた。その全体収益のうち、ラスベガスでの興行は実に3分の1を占めていたという。レイオフの報道に続いて、3月26日には「シルク・ドゥ・ソレイユが破産を検討している」とロイターでの報道もなされ、投資家向け情報では、シルク・ドゥ・ソレイユの格付けを下げる動きが見られる。

Cirque du Soleil explores options including bankruptcy
By Reuters March 26, 2020
https://www.reuters.com/article/us-cirquedusoleil-debt-restructuring-exc/exclusive-cirque-du-soleil-explores-options-including-bankruptcy-sources-idUSKBN21D2Z7

 

新型コロナウイルス流行以前よりあった経営悪化の兆候

 サーカス・トーク・ニュース記者でアメリカ演劇批評家協会員のキム・キャンベル氏によると、シルク・ドゥ・ソレイユの経営が不安定な状況は、実際のところ、新型コロナウイルス以前からの兆候であったと指摘されている。キャンベル氏が、新型コロナウィルス以前からの経過を丹念に追っているので参照したい。
 
Can Cirque du Soleil Bounce Back on Shaky Ground?
By CircusTalk News April 6, 2020
https://circustalk.com/news/can-cirque-du-soleil-bounce-back-on-shaky-ground

 新型コロナウイルス流行以前、昨年2019年の8月と11月の時点では、シルク・ドゥ・ソレイユは、2020年にはディズニープロダクション、ドイツ・ベルリンでの常設ショー、メキシコでの新しいディナーシアターアトラクションなどの公演を発表していた。1984年の設立以来、芸術性が高く、人々を感動させるショーをつねに生み出し続けてきたシルク・ドゥ・ソレイユにとって、2020年も輝かしい一年になるはずであった。

 しかし一方で、企業や投資家の負債によるリストラの兆候があったとされる。具体的には、2019年12月にモントリオール・ガゼット紙が、シルク・ドゥ・ソレイユが生産性向上と組織再編のために53人の従業員を解雇したと報じた。

 その後、2020年1月、中国での新型コロナウイルスの急速な蔓延を理由に、中国・杭州での新レジデントショー「X、ファンタジーの国」の公演中止発表。中止発表時点で約200人がこのショーに取り組んでいたという。また、ラスベガスのMGMルクソールホテルで2019年秋からスタートした新演目の「R.U.N.」はロングランとはならず、2 月末に閉幕を発表、3月8日に公演を終了した。モントリオール・ガゼット紙は、「R.U.N.」の中止に加え、世界各地で人気を誇る演目「アマルナ」の5月の香港ツアーも3月時点で中止になったと報じている。

ルクソールホテルでのスタントやアクションに溢れるショー「R.U.N.」は中止となった
 このような状況下で、ラスベガスのカジノ全面閉鎖が追い打ちをかけることとなったと言えよう。ライブショーエンターテインメント業界は、新型コロナウィルスの影響で全世界的に厳しい状況にあるが、シルク・ドゥ・ソレイユは新しいショー開発への投資額がとりわけ大きく、そのため負債を抱えながらの経営であったため、状況がより深刻なものとなっている。
 

シルク・ドゥ・ソレイユ、ラマールCEOが語る今後の戦略

 では、今後のシルク・ドゥ・ソレイユの展望はどうなっているのか。カナダの大手新聞社グローブ・アンド・メールの取材に対し、シルク・ドゥ・ソレイユのダニエル・ラマールCEOは、ブランドの強さが会社を救うと発言している。「私たちは世界で最も素晴らしいブランドの一つで、真っ直ぐな心を持った投資家はそれを手放すことはないだろう」

Cirque du Soleil plans to survive the pandemic, thanks to a strong brand and an intricate reopening strategy
By The Globe and Mail April 3, 2020
https://www.theglobeandmail.com/business/article-cirque-du-soleil-plans-to-survive-the-pandemic-thanks-to-a-strong/


WEBサイトにはシルク・ドゥ・ソレイユのイベントを選ぶポジティブな理由が並ぶ
 
 ラマール氏は取材に対して、自社の抱える負債や新型コロナウイルスによるダメージについて率直に回答したうえで、今後のプランを述べている。まずは、投資家からの追加投資を引き出し、新型コロナウイルスが収束傾向にある地域から、厳選した市場での公演再開を計画。そして、レイオフした世界30都市から2,000人の従業員を再雇用する。「(危機管理と事業再開の業務にあたっている)コアチームは、各国の移動制限に対応しながら、ショーのスタッフを再配置する計画を立て始めた」と述べた。

 各地でのショーを通常の状態に戻すことについては、ショーのスタッフ全員をその土地に戻すのに3週間はかかるだろうと話した。ラマール氏は、「会社は、業務回復のため10のレジデントショー、マーケットに集中することを考えており、再起においては新しいショーの開発は減らす考え」と述べ、経営方針を大きく変えざるを得ない状況ではあるが、ショー再開に前向きな姿勢を見せた。

 ラマール氏の取材後、カナダの仏語系新聞社ラ・プレッセでは、シルク・ドゥ・ソレイユでは、レイオフ発表前におこなった仕事に対して取引先への未払い問題が起きていると報じた。会社として先々のプランはあるものの、足元では厳しい状況が続いていることは間違いない。

Many workers among Cirque du Soleil’s creditors 
By La Presse April 21, 2020
http://www.cirquefascination.com/?p=13660

 

ラスベガスでのシルク・ドゥ・ソレイユ復活に向けて

 シルク・ドゥ・ソレイユの生命線であるラスベガスのカジノ再開時期は、再開慎重派のネバダ州知事と、一日も早い再開を望むラスベガス市長の間での舌戦が繰り広げられ、いまだ揺れている。ラスベガスのカジノが再開したとしても、世界中からの観光客が戻ってくるには相当の時間がかかる。シルク・ドゥ・ソレイユは、ラスベガス以外の新型コロナウイルスが比較的落ち着いている地域などでのショー再開で当面持ちこたえていくことになる。

 アフター・コロナでは、ライブストリーミングで楽しむものが増え、エンターテインメントの様相も変わっていくであろう。しかし、シルク・ドゥ・ソレイユの魅力はスリリングで完璧なまでに美しいショーであり、ライブでしか味わえない「体験」である。

 この唯一無二のシルク・ドゥ・ソレイユについて、本拠地ケベック州のピエール・フィッツギボン経済相は「我々はシルク・ドゥ・ソレイユがショーのないこの時期を乗り切るための金融介入を検討している」として運営資金サポートについて発言した。ケベック州や投資家によるサポートでこの局面を乗り切るしかない。コロナ後の再開に向けて、投資についての具体的なニュースが待たれるところである。